先輩企画

先輩に聞いてみた

特待生で入学し、2020年3月に卒業した先輩にお話を聞いてみました。耳寄りな情報が満載です。

保育科2019年度卒業生
一色桃香さん(佐渡総合高校卒)
真野第1保育園就職

経済面での負担が軽いことが決め手となりました。

佐渡保育専門学校に決めた理由

私は佐渡出身なので、地元に唯一ある保育の専門学校を選びました。学費が安く、特待生として入学すると授業料の免除を受けられることにメリットを感じました。また短期大学との教育提携により保育士資格・幼稚園教諭二種免許状・社会福祉主事任用資格のトリプルライセンスを取得できることにも魅力を感じました。

佐渡保育専門学校の良いところ

午前中にインターンシップ制度を利用して収入を得て保育園等で保育補助をしながら学ぶことができるところです。こどもたちと午前中たくさん関わり、貴重な経験をしながら実践経験を積むことが可能です。私の就職先は、社会福祉法人勇樹会運営の真野第1保育園です。こちらの園で3年間保育補助をしていたことにより、就職につながりました。3年間の経験があるので、戸惑うことなく保育者として勤務することができています。最高に幸せです!

受験生の皆さんへ

佐渡保育専門学校は定員25名の学校なので、丁寧な指導を受けながら自分のペースで学ぶことができます。また、専任の先生方は保育者として仕事をされていたので、実際の現場でのエピソードや保育者として大切なことをたくさん教えてくださいます。佐渡島という自然に囲まれた環境の中でじっくり学びながら自分自身を見つめ、高めていける学校だと思います。佐渡はいいところですよ。ぜひお越しくださいませ!

豊富な実践授業で学ぶ

CONCEPT MESSAGE

保育者としての豊かな心を育て、こどもたちの心も豊かにする。
私たちは、佐渡島での3年間の学びを全力で応援します。

© SADOHOIKU SENMON GAKKOH