学校紹介 ABOUT

佐渡保育専門学校の理念

夢の木 佐渡保育専門学校の「夢の木」は、3つの「実」を実らせ、保育士を育てます。

人権意識とは

「人権」という言葉の意味は大変深く、また広義なものです。本校は保育士・幼稚園教諭(以下、保育者)を育成するという視点から、「人権」とは子どもから大人まで、すべての人々がそれぞれの資質や能力を生かし、自分の目指す生き方や成長へと向かうために必要なもの、と捉えています。
子ども達が、始めて世界と出会い、その世界の素晴らしさを全身で体感し、やがて自分が実現したい道へと歩める勇気や挑戦する力、思いやりの心、忍耐力等々を身に付けられるよう援助・働きかけをする保育者になって欲しいという願いをもっています。
そのためには、もちろん、日々子ども達それぞれの考えに思いをめぐらし、自身の生活においても関わる人々(家族・友人・同級生・仕事においての同僚・上司・後輩等々)の立場に立てることが大前提です。
他者の視点に立とうと努力し、多くの考えを柔軟に認めることこそが、保育者を目指す者において、必要不可欠な「人権意識」であると本校は強く考えています。

専門性とは

専門性とは特定の領域に関する高度な知識と経験のことです。本校が求める保育者の専門性とは3つあります。第1には、個別の子どもの理解、子ども集団と理解、それらの変化・ダイナミズムをとらえた瞬時の柔軟な判断・適応力です。第2に、組織としての保育者集団のチームワーク向上、第3に保育実践の内省し、改善する姿勢であると定義します。
第1の「子ども理解」において、本校では午前中のインターンシップ制度を利用し保育補助として、日々子ども達と関わることが出来ます。授業においても、午前中の実践を生かした保育理論を学ぶことで、瞬時の柔軟な判断と適応力を養うことが可能となります。
第2の組織・チームワークの向上においては、授業において「対人コミュニケーション向上法」や「保育士・社会人マナー実践法」を保育デザインの授業にて学びます。保育士とは、子どもとの関わりがもちろん第一ですが、同時に組織の中で保育計画を滞りなく実施するためのマネジメント能力も要求されます。本校は3年制という学びの期間においてじっくりと保育士におけるマネジメント能力向上法を授業にて身に付けていきます。
第3の保育実践の内省、つまり「振り返り」をすることの大切さを授業にて身に付けます。これは「自分の保育においてよくなかった点」を振り返るだけでなく、「自分の保育の良かった点」も振り返り、総合的に自分の保育を伸ばしていくことです。
以上、3つの専門性が育まれる実践と授業が受けられるのは本校だけであると考えています。

自己研鑽とは

保育指針において、職員一人一人の質の向上を図ることが保育所としての質の向上につながることと記されています。本校では、「もっと知りたい!」と思えることが深められるよう、名著や最新の保育理論がわかる書籍を取り揃えています。保育における自己研鑽はもちろんですが、時には保育以外の他分野から学ぶことも、自身の保育の幅を広げてくれます。3年間という学校生活の中で春・夏・冬休み等を利用して、佐渡島にしかない自然を学ぶ野外活動や、お祭り等の伝統行事への参加、スポーツ活動、美術館鑑賞や演劇・映画鑑賞、ロックフェス等、多くを体験して自身の保育に取り入れられる何かを会得して欲しいと願っています。

学びの特徴

佐渡から新潟の保育、日本の保育を変える!

1本校は保育士・幼稚園教諭等の資格取得と共に現場経験3年間も取得可能な全国でも珍しい学校です!

本校の授業時間は14:00~18:15です。
学校始業までの午前中に本校インターンシップ制度を利用して、保育園等で保育補助をしながら3年間の実践経験を積むことが可能です。このような形態と特徴を持つ学校は全国でも大変珍しいです。午前中、保育園で子ども達とたくさん関わり、多くの保育業務に携われることは大変貴重な経験となります。
資格と共に3年間の実戦経験があれば、保育士としてスタートする際に大きな力となります。また、子ども達と関わりながら一定の報酬を得ることにより、学費負担を軽減することができます。また、アルバイト以外でもボランティア活動や研究活動など自分の興味関心を広げることも可能です。

佐渡でしか学べない実践的な授業があります!

2佐渡でしか学べない特別授業があります!

本校には「保育デザイン」「あそぶ・まなぶ・さど」等のオリジナル科目があります。子ども達が自然の中で五感を研ぎ澄ませ、豊かな感情や思考力が育まれる援助や関わりが出来るよう、実際に専任講師と山や海や野山に出かけます。また、実際に田んぼに行き、朱鷺の生態を研究したり、食育活動の一環において野草から出来るお菓子作り等も行っています。
島外の方にとっては、上記のような豊かな自然や文化遺産に囲まれた佐渡島で、じっくりと学び・暮らす貴重な3年間を送ることができます。

こども達と接し、働きながらマナブ

3「確かな実践力」をつける授業が多数あります!

午前中のインターンシップ制度だけでなく、授業においても実践力をつけられる授業が多数用意されています。本校に併設されている子育て支援センター「おおぞら吉井」の子ども達の前で実際に手遊びや紙芝居等を見せたり、同法人の保育園において観察・実践授業も行います。子ども達と多く関わる授業において、実践力を磨くことが出来ます。

少人数でマナブ

4少人数で、じっくりと理論&実技を身に着ける

きめ細かな教育を実践するため定員は25名と少人数。例えば、ピアノ授業は10名未満の学生に対して1名の教員が指導します。少人数なので、講師に質問や相談も気軽にできる利点もあります。

短期大学との学務提携によりトリプルライセンスを取得

5短期大学との学務提携によりトリプルライセンスを取得

近畿大学九州短期大学通信教育部との教育提携により、保育士資格・幼稚園教諭2種免許状・社会福祉主事任用資格のトリプルライセンスの取得が可能。
また、専門学校と短期大学の二つの卒業証書が取得できます。

実践型教育

6保育園を運営する社会福祉法人の専門学校だからこそ出来ること

佐渡保育専門学校を運営する社会福祉法人勇樹会は、佐渡市・新潟市・仙台市に20ヵ所の保育施設を運営しています。日々の保育実践において大切にしている援助方法や子どもとの関わりを直接現場の園長やクラス担任に聞ける授業もあります。
学校に併設されている子育て支援室「おおぞら吉井」において、休み時間等に、子ども達や保護者の皆様と学生が交流し、貴重な学びの機会を得ています。

校舎・施設紹介

校舎

校舎

淡いピンク色(朱鷺色)が映える大きな校舎は自慢です。また、広い体育館も整備され体育の授業などで大いに活躍。県内屈指の学び舎です。

コンピュータ室

コンピュータ室

主に「情報処理」の授業で使用します。保育活動にPCを活用する現代、保育・幼児教育分野においてもITリテラシーは重要です。

ピアノ実習室

ピアノ実習室

ピアノを使った表現活動はとても重要です。本校では実習室を3部屋揃え、1部屋10名以下の少人数制で指導を行い、初心者でも安心してスキルアップを図れます。

調理実習室

調理実習室

主に「子どもの食と栄養」の授業で使用します。“食を通して育てる”ことを食育と呼び、保育活動では近年とても大切な活動とされています。

美術実習室

美術実習室

主に「美術」「造形表現」の授業で使用します。手先を使っての製作は情操性や創造力の他、集中力も育みます。

図書室

図書室

本校では、常に最新の保育の情報が学生に届くよう、多くの書籍を取り揃えています。無藤隆先生、汐見稔幸先生、大宮勇雄先生、大豆生田啓友先生等の御著書など、第一線でご活躍なされている先生の最新の書籍はもちろん、久保田浩先生の御著書等、保育をする上では欠かせない書籍を数多く取り揃えています。POPも入れて、学生達にわかりやすく展示しています。絵本も多数あります。

学生ラウンジ

学生ラウンジ

明るく開放的なラウンジは学生達の憩いの場所です。

体育館

体育館

保育において、体を動かす表現活動はとても大切です。「体育」「幼児体育」「劇遊び」などの授業を通して、体を使って楽しく遊ぶことを学びます。

オープンキャンパスのご案内
資料請求はこちら
社会福祉法人 勇樹会